So-net無料ブログ作成
生きもの ブログトップ
前の10件 | -

8/22 シベリアオオハシシギ! [生きもの]

先日、鳥に詳しい方から漫湖にシベリアオオハシシギが来ていますよ、と情報提供いただきました。

いつもお世話になっているYさんからも間違いない、珍しい鳥ですよ、とのこと。

図鑑によるとシベリアオオハシシギはロシアや中国の一部で繁殖、インドや東南アジアなどで越冬と、とても局所的な分布をしている鳥です。

見たい見たいと思っていたところ、本日、やっと木道から姿を見ることができました。

DSCN0904トリミング_R.jpg

写真が悪くてすみません…。写真中央にいます。

DSCN0894tri_R.jpg

DSCN0904トリミングコピー.jpg

他にもミサゴやアカアシシギ、アオアシシギなどを見ることができました。
DSCN0838_R.JPG

DSCN0816_R.JPG

渡りの途中に漫湖に来た今年しか会えない、見ることができないかもしれない鳥たちだと思うと貴重に感じます。
皆さんも漫湖にぜひ鳥たちを見に来てください。センターにも遊びに来てくださいね。
お待ちしています!

※観察の際は、鳥への配慮をお願いします。

追記)
8/26から漫湖みんなで水族館(ミニ)もスタートします!
一部の魚たちはお披露目が始まっています。
こちらもよろしくお願いします!

DSCN0832_R.JPG

DSCN0836_R.JPG
今年の水族館スタッフいち押し、カマヒレボラ!
こんなにたくさん展示しているのは、多分ここだけだそうです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7/27 クロツラヘラサギとゴイサギ [生きもの]

昨日、子どもエコクラブのKくんがクロツラヘラサギが4羽いたよ、と教えてくれました。

なかなか見ることができなかったのですが、本日、Mさんもモニタリングフィールドで発見!

DSCN0550_R.JPG
早速そーっと木陰から記念撮影・・・。

DSCN0553_R.JPG
と思ったら、あっさり気付かれました。

DSCN0558_R.JPG
でも、意外にリラックス

DSCN0555_R.JPG
くちばしは下から見るときれいなピンク

クロツラの他にも、昨日からセンター傍のビオトープ小河川にはゴイサギが来ています。

DSCN0528_R.JPG
ゴイサギの幼鳥(ホシゴイ)

ただ、このゴイサギの幼鳥、少しケガしているようです。
※見かけた方は、近づかずなるべく遠くからそっと見守ってあげてください※

DSCN0530_R.JPG
ゴイサギの成鳥もいました。(親?)

DSCN0546_R.JPG
幼鳥の近くで離れないコサギ。(友だち??)

ゴイサギは、沖縄の方言でユーガラサーとよばれています。鳴き声がカラスに似ていて夜(方言で夜≒ユー)などに声が聞こえることが由来だそうです。
暗いときにカラスの鳴き声が聞こえたら、あなたの近くにゴイサギがいるかも・・・。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7/11 アオアシシギ来たる? [生きもの]

7/11 木道から生きもの観察を行いました。

地面をよく見るとカニがたくさんいます。
DSCN0346toome_R.jpg
つぶつぶを

DSCN0347himeya_R.jpg
ズームイン

DSCN0348_R.JPG
ヒメヤマトオサガニ

ヒメヤマトオサガニは学名をMacrophthalmus banzai(マクロフタルムス バンザイ)といい、日本語の「バンザイ」がついています。求愛の時にハサミをバンザイするように高くあげることから、本土に多いヤマトオサガニと別種と気づかれ、その名前がつけられたそうです。
求愛はもう少し後なのか、今日はバンザイしている個体は少なかったです。

カニしかいない…、
と思いきや、切り株のそばにアオアシシギが2羽いました。

DSCN0359ao1_R.jpg

DSCN0370aoashi02_R.jpg
冬羽です。渡りの第一陣でしょうか?

夕方、再確認したところ4羽のアオアシシギが餌を食べて歩き回っていました。

渡りはじめかどうか確認するために過去5年間のアオアシシギの飛来数を調べてみたところ、1~4個体でした(漫湖鳥獣保護区の調査結果より)。今年は多い方かもしれません。これからが楽しみです。

鳥がいない時も、木道からいろんな種類のカニやトンボなども見ることができます。
センターに来たら面白い生きものがいないか探してみてくださいね。

DSCN0329karahuru_R.jpg
リュウキュウシオマネキ カラフル

DSCN0353hirugihashi_R.jpg
ヒルギハシリイワガニ 満潮の時に木登りします。

DSCN0333simo_R.jpg
シモフリシオマネキ ドットがおしゃれ

DSCNtyoutombo_R.JPG
オキナワチョウトンボ 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6/16 子どもエコクラブ トンボウォッチ! [生きもの]

6/16 、子どもエコクラブと大人ボランティアの活動を行いました。
今月は「湿地の生きもの」等についてスライドで勉強した後、ビオトープで生きもの調査です。

kawasemi_R.JPG
カワセミの後姿

今回のターゲットはこちら!

0616syouzyou.jpg
トンボのヤゴ


0616setumei_R.jpg
講師のF先生が、トンボのヤゴや分類などを説明して下さいました。

DSCN0111_R.JPG
木道から見ることができたアオモンイトトンボのペア 


0616katudou_R.jpg
タモ網を用いてトンボのヤゴを採取

顕微鏡でヤゴを観察して名前を調べた後、今回の結果をまとめました。

kekka_R.JPG

今回、3地点に分かれて調査した結果、
ヤゴは、オオシオカラトンボ、タイリクショウジョウトンボ、アオモンイトトンボ、
成虫は、ハラボソトンボ、アオモンイトトンボ、タイリクショウジョウトンボ、リュウキュウベニイトトンボが確認できました。

あまり種類は出ませんでしたが、子供たちがこれを機にトンボや水辺域に興味を持ってくれると嬉しいです。講師の先生方、大人ボランティアの皆さん、お疲れさまでした!!

0616aomon_R.jpg
休館日、スタッフ自宅で羽化したヤゴ

※補足※
実は、この日の前日は土砂降り。
スタッフ総出?で朝一番に水を池に引き込むための土砂除去を行いました。

0616zyunbi_R.jpg
Before

0616after_R.jpg
After 

katudou_R.JPG
下流側の池に水くるとこんな感じです。

色々と課題はありますが、少しずつ記録や作業などしていきたいと思います。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6/5 カワセミと水辺の生きもの [生きもの]

6/5 生きもの観察を行いました。

DSCN0055_Rtri.jpg
カワセミ ずぶ濡れでカッコイイ

DSCN0019_R.JPG
クロツラヘラサギは木の上でお休み中

湿地センターといえば、鳥やカニ、トントンミーが人気ですが、実はセンター近くには淡水の湿地帯があり、カエルや昆虫などもたくさん生息しています。

DSCN0044_R.JPG

淡水の湿地帯

センターではこの一帯を"ビオトープ"と呼んでいます。

ビオトープという言葉は、本来「生き物の生息場所」を意味するので、正確には「人工ビオトープ池」または「人工ビオトープの川」と呼んだ方が正確ですが、長いので略して呼んでいます。
そんなことより、、
実は湿地センター周辺、沖縄島の市街地では、このような水辺域がとても少なくなっています!
そのため、このビオトープは今、水辺に住んだり、水辺で餌を食べる生き物にとってとても貴重な環境です。
(子供エコクラブでは、近々、こちらで水辺の生きもの調査を予定しています。)

例えばこちら

P6054982_R.JPG
ヌマガエル(方言名:アタビー、アタビチャー)
那覇市では、ほとんど見かけません。

P6085008_R.JPG

トンボのヤゴ(子ども) 
※名前のヒント:親も青いです。緩やかな流れや止水域を好みます。

その他にもいろいろな昆虫がいます。

DSCN0027_Rtri.jpg


DSCN0030_R.JPG


DSCN0036_R.JPG


P6085003_R.JPG


P5224859_R.JPG


DSCN0048_R.JPG


センターには、昆虫の図鑑や少しは虫の名前が分かるスタッフもいますので、面白い虫見つけたよ~!写真の昆虫の名前が気になる!という方は、ぜひセンターへ遊びに来てくださいね。

また、センター近くでこんないきもの見つけたよ~!という方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。お待ちしていま~す。

(おまけ)
ぬり絵コンテストはじめました!
「本物そっくりで賞」と「がんばったで賞」、「オリジナリティー賞」「クロとトミー賞」があります。ご参加よろしくお願いします。

DSCN0065_R.JPG



P6065001_R.JPG

ポストに入れて下さいね

コメント(0) 

5/25 カラシラサギ現る [生きもの]

先日(5/22)のお話。

この日、来館者から「カラシラサギらしい鳥を撮影した」と情報が入りまして、
早速、いつもお世話になっているYさんに確認したところ、
「カラシラサギで間違いない」という回答を頂きました。

その方によると、18日(土)に漫湖に来た際に撮影したとの事。
まだ残っていることを期待して、センターでも探していましたが、
今日、ようやくセンターでも確認することができました。

カラシラサギ.jpg
房状の冠羽が目立つカラシラサギ

撮影したのは、エコクラブのメンバーのK君。
本人曰く、「いつもと違う何か変なサギがいる」と思って撮ったそうですが、
事務所に帰って確認してみてカラシラサギだと分かりました。(※うらやまし~)

ちなみに今日は、きれいな夏羽のオグロシギの数が再び増え、
セイタカシギやクロツラヘラサギも、まだまだ滞在中。

梅雨の晴れ間の干潟の上は、まだまだにぎやかです。

オグロシギ.jpg
オグロシギの夏羽の赤味がかった綺麗な羽衣は、干潟の上で映えます

クロツラヘラサギ.jpg
今朝も計6羽が伐採区でお休み中、干潮になると各々エサを採っていました








コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5/3 オグロシギ [生きもの]

5/3 朝(9:20~9:24)、センターの木道から鳥を観察しました。

DSCN4106s.jpg

今日は8羽のオグロシギがいました。

オグロシギはオス(♂)とメス(♀)で体の大きさや色がちがうことが知られています。
こうしたオスとメスの違いを性的二型といいます。
よーく観察すればきっとちがいを見つけられるはず。

DSCN4092_22.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3/16 カワセミの求愛給餌 [生きもの]

3/16 夕方、K Tくんがカワセミの求愛給餌の撮影に成功しました!


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3/5 ソリハシセイタカシギ [生きもの]

3/5 夕方(16:30頃)、鳥の専門家Tさんがソリハシセイタカシギを発見したと教えて下さいました。

DSCN1654s.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1/27 世界一斉クロツラヘラサギ調査2019 [生きもの]

本日、1月27日の午前10時半頃、漫湖には3羽のクロツラヘラサギがいました。
木道のすぐ近くです。

DSCN0688s.jpg

2019年の1月25~27日は世界一斉クロツラヘラサギ調査の期間です。
この期間に、クロツラヘラサギが冬を過ごす東アジアの各国で個体数のカウントが行われます。

DSCN0731s.jpg
[撮影]K.Tくん

1990年代はじめ、クロツラヘラサギは地球上に300羽以下しかいないと考えられていました。
昨年、2018年1月に実施された調査では、各国の総計として3941羽が記録されています。
実に、過去30年間で13倍以上に増加したと推定されています。
これは、東アジア各国でのクロツラヘラサギを守る活動なくして成しえないものです。

はたして、今年の調査結果はどのようなものになるのでしょうか?

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 生きもの ブログトップ