So-net無料ブログ作成

5/26 マングローブ林のごみ拾い [ボランティア]

5/26(日)は、新年度に入って最初の大人ボランティアの活動日。

年が明けてからの年度末の慌ただしさで手が回らなかった
木道周辺のマングローブ林内に溜まったごみをメンバーで回収しました。

20190526_04.jpg
こんなところや、

20190526_05.jpg
こんなところに溜まったごみを

1時間かけてみんなで回収。
それで集まったごみの量がこちら↓

20190526_02.jpg
ペットボトルなどの生活ごみに混ざって、蛍光管やバイクのパーツなどのごみも…

実際、マングローブ林内の干潟の上でゴミ拾い作業するのは想像以上に大変です。
しかも漫湖で回収される漂着ゴミのほとんどは、周辺から流れ着く私たちの生活ごみです。

言い換えれば、漫湖の漂着ごみは、地域に住むみんなの意識が変われば解決に向かう問題であり、
適切にごみを捨てていれば、過酷な環境でのゴミ拾いもしなくて済むのです。

私たちは普段何気なくごみを捨ててしまいがちですが、
「捨てる」ことに対して、もう少しみんなで考えてみませんか?

大人ボランティアと一緒に漫湖のごみ拾いに参加してみたい方、
まだまだメンバー募集中です!

興味のある方はぜひ一度、センターまでお問い合わせください

20190526_01.jpg






コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5/25 カラシラサギ現る [生きもの]

先日(5/22)のお話。

この日、来館者から「カラシラサギらしい鳥を撮影した」と情報が入りまして、
早速、いつもお世話になっているYさんに確認したところ、
「カラシラサギで間違いない」という回答を頂きました。

その方によると、18日(土)に漫湖に来た際に撮影したとの事。
まだ残っていることを期待して、センターでも探していましたが、
今日、ようやくセンターでも確認することができました。

カラシラサギ.jpg
房状の冠羽が目立つカラシラサギ

撮影したのは、エコクラブのメンバーのK君。
本人曰く、「いつもと違う何か変なサギがいる」と思って撮ったそうですが、
事務所に帰って確認してみてカラシラサギだと分かりました。(※うらやまし~)

ちなみに今日は、きれいな夏羽のオグロシギの数が再び増え、
セイタカシギやクロツラヘラサギも、まだまだ滞在中。

梅雨の晴れ間の干潟の上は、まだまだにぎやかです。

オグロシギ.jpg
オグロシギの夏羽の赤味がかった綺麗な羽衣は、干潟の上で映えます

クロツラヘラサギ.jpg
今朝も計6羽が伐採区でお休み中、干潮になると各々エサを採っていました








コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5/14 草刈り

6ヵ月ぶりにセンターから干潟までの草刈りを行いました。明日予定されている干潟体験プログラムでは、この道が大事なルートになります。

P5144812_R.JPG
Before 道具は鎌とノコギリと気合です。

強力な助っ人も加わり2時間後・・・。
出口が見えてきました!!

P5144818_R.JPG
After みどりの回廊の完成です。

干潟での体験学習(団体利用者向け)では、実際に干潟に入ることで、より近くで色々な生きものを見ることができます。ご希望の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

DSCN4257_R.JPG
体験学習の杭にとまったカワセミ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5/3 オグロシギ [生きもの]

5/3 朝(9:20~9:24)、センターの木道から鳥を観察しました。

DSCN4106s.jpg

今日は8羽のオグロシギがいました。

オグロシギはオス(♂)とメス(♀)で体の大きさや色がちがうことが知られています。
こうしたオスとメスの違いを性的二型といいます。
よーく観察すればきっとちがいを見つけられるはず。

DSCN4092_22.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感