So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

10/25 カワセミ [生きもの]

10/25 夕方(16:40~17:00)、木道から鳥を観察しました。

DSCN5132s.jpg

カワセミです。

最近よくカワセミが見られるポイントがあります。
木道の真ん中くらい、展望台の1階付近です。

DSCN5103s.jpg

写真の赤丸をつけた場所のマングローブにとまっている姿をよく見かけます。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/24 ハヤブサ [生きもの]

10/24 午前中(10:00~10:15)、木道から鳥を観察しました。

DSCN5052s.jpg

なにかタカの仲間でしょうか??
しばらく見ていたら、とよみ大橋の主塔のてっぺんにとまりました。

DSCN5054s.jpg

ハヤブサです。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/19 ハクセキレイ [生きもの]

20181019s.jpg

どちらもハクセキレイという「種:しゅ」です。
しかし、ぞれぞれに違う「亜種:あしゅ」と考えられています。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/18 オニアジサシ [生きもの]

10/18 満潮時(14:30~15:00)、職場体験の高校生と一緒に木道から鳥を観察しました。

先週あたりからサシバをよく見かけるようになりました。

干潟を望遠鏡で見ていたら、ずいぶんと大きくて目立つ鳥がいます。

DSCN4543s.jpg

オニアジサシです。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/7 足は大丈夫?(クロツラヘラサギE24)

先日(10/2)のブログに登場したクロツラヘラサギのE24。
昨日まで漫湖に滞在していたのですが、今日は姿を見ませんでした。

足の状態が良くないようで心配していたところ、センターボランティアの I さんが本日午前中に三角池で撮影した写真を見せて下さいました。

PA070018s.jpg

PA070057s.jpg

「見ていたら足を痛そうにしていたよ」とのこと。
引続き注意深く見守ることが必要のようです。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/7 ハマシギ

10/7 朝(8:30~9:10)、木道から鳥を観察しました。

干潮時なので広く干潟が広がっています。
そして、ずーっと遠くにハマシギが2羽いました。

DSCN4256.jpg

日本列島へ飛来するハマシギは、主に北アメリカの北極海沿岸で繁殖することが知られています。
繁殖地の一つであるアラスカのバロー(Barrow)から、沖縄の漫湖までは直線距離でおよそ6753km離れています。

DSCN4003s.jpg
※下の写真は、2018年9月30日に撮影したものです。






コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/6(夕方) カラムクドリ・キセキレイ・コガモ

10/6 夕方16:00~16:50)、木道から鳥を観察しました。

木道の入り口付近でカラムクドリの群を見つけました。

DSCN4209s.jpg

センター前の芝地にはキセキレイが。

DSCN4235.JPG

そして、もう一つ。
木道の一番奥にはコガモがいました。
漫湖ではカモの仲間を観察する機会は多くありません。

DSCN4199s.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/6 コムクドリ

10/6 朝(8:50~9:20)、木道から鳥を観察しました。

木道の入り口付近を歩いていたら、10羽ほどの鳥の群れを見つけました。
木の高いところに止まっています。大きさはスズメより大きく見えます。

DSCN4181s.jpg

コムクドリでした。

10月に入り、夏には見られなかった鳥たちを観察できるようになりました。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/2 足は大丈夫?(クロツラヘラサギE24) ※10/5写真追加 [生きもの]

10/2 お昼(11:40~12:20)、木道から鳥を観察しました。

木道の一番奥にクロツラヘラサギが二羽いました。
そのうちの一羽を望遠鏡でよーく見ると、昨年の5月にセンターで放鳥したE24のようです。

※E24は2017年5月にケガの治療を終えて漫湖で放鳥されたクロツラヘラサギです。足にE24と書かれた足環を着けています(生態を調査するために韓国の繁殖地で足環を装着)。漫湖で放鳥された後、そのまま沖縄本島南部で冬を越し、現在も滞在しています。

DSCN4035s.jpg

右足が(左足も?)腫れているように見えます。
大丈夫でしょうか??

DSCN4174s.jpg

※10/5写真追加
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感