So-net無料ブログ作成
イベント ブログトップ
前の10件 | -

5/27 特別授業&おとな・こどもボランティア活動 [イベント]

5月最後の週末、日曜日。今日はとにかく盛沢さん。

午前中は、OIST(沖縄科学技術学院大学)のニコラス・フリードマン博士の特別授業があり、
同じ時間帯には、木道ではおとなボランティアの皆さんとマングローブ林のゴミ拾い、
そして午後は、こどもエコクラブの活動…と、一日中フル回転です!!

まずは、フリードマン博士の特別授業。

現在、フリードマン博士はOISTで沖縄の”音の風景~サウンドスケープ~”を研究しています。
もちろん、鳥たちの鳴き声は”音の風景”を形づくる重要な要素です。

ここ漫湖も、その研究のフィールドになっていて、
漫湖で観察できる水鳥たちの鳴き声や湿地の音も研究に活かされています。

そんな最先端な音の研究について、博士本人から直にお話が聞けるということもあって、
沖縄県内の野鳥関係者や愛好家など、関心のある方々が集結!!

DSCN3512.JPG
急遽決まったイベントにも関わらず、ホントに多くの方々にお集まりいただきました。

33750353_1566505853460367_7876964175413510144_o.jpg
自身の研究について説明をするフリードマン博士。

都市の中にある湿地ということもあり、漫湖で集めた音の中には
水鳥の鳴き声や湿地の音だけでなく、車の音や夜間の暴走バイクの音など、様々な人工音が。

フリードマン博士の研究は、「漫湖などの都市部の自然では、そのような人工的な周辺音が、
野鳥のコミュニケーションにどうのような影響を及ぼしているのか?」等といった、
これまであまり研究されてきていない分野の研究ということもあり、
参加者は皆、真剣な眼差しで博士の話に聞き入っていました。


そして、それと並行して行ったおとなボランティアの活動では、
普段なかなか回収できない木道周辺のマングローブ林内と
モニタリングフィールドのゴミ拾いをしました。

IMGP2340.JPG
木道先端に打ち寄せられたごみを一個一個拾い上げます

ちょうど先週が大潮だったこともあり、たくさんのごみがぁ…、
(※というか、ここは先月もきれいにごみ拾いしたはずなのに…)
とうことで、今日はいつもより範囲を拡げて干潟にも降りてガッツリ拾いました!!

IMGP2342.JPG
いつもお手伝いしてくれる「こども番頭さん」も一緒に。

IMGP2347.JPG
たった1時時間程度でこの量…、これ、皆さんどう思いますか?

それでもごみが散在する干潟を前に、
「まだまだ拾い続けたい」という気持ちに後ろ髪を引かれつつも、
空梅雨の暑さに圧倒され、ひとまずここでごみ拾いは撤収。

ひと休みした後お昼ご飯を急いで食べて、午後のこどもエコクラブの準備。

今日の活動メニューは、マングローブ探検と生き物採取&生き物観察の3コース。
今年度はじめての活動ということで、簡単なメンバー同士の自己紹介と
フィールドワークの注意事項などを話した後、いざマングローブの中へ。

IMGP2356.JPG
この間草刈したおかげで、マングローブ林内へのアプローチが楽になりました。

探検後のセンター脇の水路では、男子と女子チームに分かれて生き物採取。

男子メンバーの面々には引き網をしてもらい、何が獲れるか調査です!!

IMGP2360.JPG
慎重に進んでいくのですが、横から魚がはねて逃げていくのがおかしかったです(笑)

そんな慣れない作業の中にも、魚好きな男子面々ということもあり、
とにかく「何かを捕るぞ!!」という気持ちで引き網に挑戦している姿が素敵でした。
ボラが獲れた時はみんな大喜びでしたね!!

IMGP2363.JPG
女子チームはタモ網で小さなハゼやエビ狙い。さぁ何が獲れるかな?

IMGP2362.JPG
子どもたちが「カニが死んでるー!!」と騒いでいた、マングローブハシリイワガニの脱皮殻。

この後、とよみ大橋北の干潟まで移動し採取を続けた子どもたち。
この暑さで熱中症も心配でしたが、
疲れた表情の中に、「自分で捕まえた」という喜びと自信からくる達成感が滲み出ていました。

休憩後、捕まえてきた生き物は水槽に移し、しばし観察。
今日の調査結果は、魚の仲間が6種類、カニ・エビの仲間が8種類

魚はボラの仲間が一番多くて9匹。(※テラピアは全然捕れませんでした)
カニはやっぱりシオマネキの仲間が多かったです。(※なかには卵を抱えているメスも)

IMGP2369.JPG
「何がいる~?」と、水槽に見入って一生懸命観察している子どもたち

こんな感じで、あっという間に5月最後の週末が終わりました。

来週から6月に突入します。いよいよ団体シーズンが始まりますね。

とりあえず明日は休館日、今日はぐっすり眠りたいと思いまーす!!





コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5/13 野鳥観察会を行いました!! [イベント]

今日は「母の日」ですね。
みなさんは、ちゃんとおかあちゃんに「日々の感謝の気持ち」伝えましか?

さて、

実は今日…、漫湖水鳥・湿地センターは15歳になしました!!

2003年5月13日に開館して以来、
たくさんの方に支えられ今日というこの日を迎えられました。

今後も、多くの方に親しまれる施設づくりを目指し、
「水鳥と湿地と人とをつなぐ場所」として、日々精進して参ります!!

そしてもう一つ、今日はなんと「世界渡り鳥の日」でもあるんですね!

ということで、

センターにとっては3つも「大事な日」が重なる珍しい一日でしたが、
今年度一発目の観察会を行いました。

午前中は幼児~低学年向けの野鳥観察会。

IMGP2158.JPG
漫湖で見られる鳥の種類や見分け方、鳥の渡りなどについて説明

晴れて暑いくらいでしたが…(汗)、木道へ移動。

遠くで休んでいるクロツラヘラサギや、旅鳥のクロハラアジサシなどが観察できましたが、
全体的に水鳥は少なめ…。

一方、木道のマングローブの中からは、メジロやシジュウカラの賑やかなさえずりが
あちこちから聞こえていました。やっぱ、繁殖期ですね~。

IMGP2168.JPG
写真では、望遠鏡が子どもに隠れて完全に見えませんが、クロツラヘラサギをみんなで観察

IMGP2173.JPG
帰ってきたら、漫湖の野鳥観察シートに鳥シールを貼って、観察できた鳥のおさらい

最後は、記念にオリジナルの缶バッチを作っておみやげにしました。

IMGP2176.JPG
やっぱり、子どもの描く絵ってステキですね

午後にも高学年~大人向けに少し内容を変えて観察会を行いましたが、
忙しくて記録写真を撮れず…。でも、参加者の皆さん楽しんでいるようでした!!

野鳥観察というと「双眼鏡や図鑑が無いと…」と、思っている方も多いと思いますが、
全然そんな必要はなく、むしろ道具が無くてもはじめられるのが野鳥観察の良いところです!!

今日は、そんなことも伝えつつ、
野鳥観察をきっかけに、身近な自然の大切に関心を持つお手伝いをしました。

ということで、『全国愛鳥週間』は~5月16日まで。

漫湖で水鳥を観察するのもいいですが、
今の時期は街中で見られる身近な鳥が観察におススメです!!

この機会に、普段気にしていない身近な鳥たちに少しだけ目を向けてみてはいかがですか?
その他、野鳥観察に関するギモン・しつもんも受け付けています。

鳥のことで何か???が出てきたら、漫湖水鳥・湿地センターでお待ちしています。










コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第7回沖縄県こども環境会議:Skypeをつかった交流 [イベント]

前回に引き続き、今年度のこども環境会議についての報告です。

今年度のこども環境会議では”Skypeをつかった他地域との交流”に挑戦してみました。
今回、交流のお願いを快諾して下さったのは鳥取県米子市にある”米子水鳥公園こどもラムサールクラブ”です。

最初に、米子水鳥公園で活動する子どもたちから中海とそこでの彼らの活動について紹介して頂きました。
「紹介の中で登場したコハクチョウの体重はどれくらいですか?」という質問に、「7kgです」と答えが返ってくると、沖縄の子どもたちからおーっという歓声が上がりました。沖縄ではそんな大きな鳥を野外で見ることはほとんどないですからね。

次に、沖縄からは宮古島の下地小学校の子どもたちから与那覇湾についての紹介です。
彼らのプレゼンテーションでは宮古島の素晴らしい自然環境について語られた後、与那覇湾の淡水化計画の話題が挙がりました。なんと、Skypeでお話しをしている鳥取県米子市の中海でもかつて淡水化計画があったそうです。
鳥取の中海と宮古島という遠く遠く離れた水辺・湿地がかつて同じ課題に直面し、それを乗り越え、現在ではラムサール条約に登録されていたのです。これはとても大きな発見でした。

最後に、
「沖縄の鳥といえば?」 → 「ヤンバルクイナ!」という質問をきっかけに、各地の子どもたちから沖縄の貴重な自然環境について、やんばる、久米島渓流の紹介、そして「冬になると中海にも沖縄にもやってくる貴重な水鳥といえば?」 → 「クロツラヘラサギ!」ということで漫湖湿地の紹介をしました。

とても充実し、楽しい交流となりました。
米子水鳥公園こどもラムサールクラブのみなさん、本当にありがとうございました!

modified.jpg








コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第7回沖縄県こども環境会議 [イベント]

第7回沖縄県こども環境会議が7月15日(土)~16日(日)の一泊二日で開催されました。県内4カ所(下地小学校、久米島ホタレンジャー、大宜味小学校自然観察クラブ、漫湖水鳥・湿地センターこどもエコクラブ)で活動することもたちの交流と今後の湿地保全や生物保護のための意見交換が行われました。
IMG_0112.jpg

こどもたちは、岸信氏のコーディネートのもと思い思いの考えを出し合いそれそれの湿地ごとに今後の決意を大会宣言文としてまとめました。
DSCN5874.JPG

〈参加したこどもの感想〉
皆で話し合ったり、協力したりして仲良くなれた。それと久米島や漫湖、与那覇湾がどのような湿地なのかがわかった。これから、自分たちでゴミ拾いや、田んぼにビオトープをつくるなどをして、生物たちがたくさん住める環境にして楽しいにぎやかな所にしていきたいと思っています。
IMG_0025.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3/5 八重瀬八景春フェスタの報告 [イベント]

3月に入りました。センターも年度末に向けて慌ただしくなっています。

さて、少し遅れましたが、今日は2月19日(日)に参加してきた
『八重瀬八景春フェスタ2017』in 東風平運動公園体育館について報告したいと思います!

昨年は都合が合わずに参加できませんでしたが、嬉しいことに今年もお声をかけて頂き、
湿地センターをPRするために参加させていただきました!

IMGP0966.JPG
ブースのレイアウトはこんな感じ

このイベントは、参加体験型のブースが多数出展されるということで、地元ではとても人気のあるイベントのようで、主催者発表によると1万人近い来場者が訪れたそうです。

ということで、湿地センターもしっかり宣伝してきましたよ!!

IMGP0975.JPG
標本に興味津々のようす

センターのブースに足を運んでいただいた来場者には、口頭で簡単なアンケートを取ったのですが、

その結果、約8割の人が「センターの存在は知らない。」と答え、
残りの2割のうちの半分も「知っているけど行ったことがない。」という回答でした。

ということは、ブースに訪れたほとんどの人が
「センターに知らない(行ったことがない)」ということ!?

まだまだ全然PRが足りないですね…。

そういう意味ではとても良い機会(励み?)になりました(笑)!
これからは、もっともっとセンターや漫湖の素晴らしさをPRしていかなくてはいけませんね!!


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1/25 漫湖みなんなでミュージアム2016の表彰式を行いました!! [イベント]

1月22日、晴れた日曜日に「漫湖みんなでミュージアム2016」の表彰式を行いました。

DSCN3796.JPG

当日は、応募総数767点の中から、見事!!金賞と銀賞に輝いた児童・生徒を対象に
賞状等の授与と、各作品の講評を行いました。

DSCN3802.JPG

会場にはその様子を見守ろうと、お父さんお母さんやおじいちゃんおばあちゃん、兄弟まで、
たくさんの見学でにぎわいました!!

DSCN3828.JPG

来年の漫湖みんなでミュージアムも、たくさんのすてきな作品に出会えるのを
スタッフ一同楽しみにしていま~す!!


ーお知らせー

「漫湖みんなでミュージアム2016受賞作品 巡回展」

〇2017年2月1日(火)~2月10日(金) 那覇市役所1Fロビー
〇2017年2月14日(火)~2月24日(金) 豊見城市役所1Fロビー ※ともに最終日は15:00まで



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/19 10月の目玉企画、「写真展」と「水族館」。 [イベント]

10月も半分が過ぎました。
それでも、まだまだ暑い日が続いていますね…。

しかも昨日は、クマゼミが木道で鳴いていてビックリしました!!
(セミの鳴き声を聞くだけで、体感温度が若干上がりました…。)

さてさて、

実は、あまり大々的に告知はしていませんでしたが、
今、センターでは2つの企画展が好評開催中です!!

今日はその企画展の様子を紹介しますね。

まず、先週からスタートしているのは、
「写真展 いち+いちの世界 ~こどもフォトグラファーが撮った生物たち~」。

IMG_0529.JPG

この写真展は、「漫湖みんなでミュージアム」への応募がきっかけで
写真を撮りはじめた二人の少年の写真展です。

IMG_0531.JPG

「少年」といっても、展示された写真を眺めていると、大人顔負けの面白い視点の写真ばかりで、
子どもたちの純粋で素直な眼差しを追体験できるような気がしてきます。

IMG_0525.JPG

写真展を鑑賞した後に木道を歩くと、いつもと違う視点で生き物観察できるかもしれませんね。

「漫湖みんなでミュージアム」への応募作品もまだまだ募集中なので、
ぜひ参考にしてみてください!!


次に紹介するのは、
毎年恒例の「漫湖水族館」です。

いつもは9月に開催している水族館ですが、今回は台風の影響で10月の開催となりました。

いつも顔をそろえているお馴染みのハゼの仲間から、海の魚や大きなノコギリガザミまで、
今回も水の中の生きものたちをたくさん展示しています!(※中には今回初めて採れた魚も!!)

IMG_0465.JPG
泥の中に住んでいるのに、体の表面がキラキラ輝いているキララハゼ

IMG_0518.JPG
海のお魚ニセクロホシフエダイ、方言名は「ビタロー」

IMG_0483.JPG
今回初登場のタツノオトシゴ(クロウミウマ)!!

まさか、私も漫湖でタツノオトシゴが見られるとは思っていませんでした!!
まだまだ小さい子どものタツノオトシゴですが、その姿を観察していると
川と海がつながっていることが実感できます!!

10月30日(日)10:00~11:00は、関連イベントとして展示しているお魚たちを魚の博士が解説する「ギャラリートーク」も開催します!!

両企画展とも10月いっぱいの開催となっておりますので、まだご覧になられていない方はぜひセンターまで足をお運びください!





コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シギ・チドリ類の観察会を開催しました [イベント]

先週土曜日にシギ・チドリ類の観察会を開催しました。
今回はGlobal Shorebirds Counting (https://worldshorebirdsday.wordpress.com/)に時期を合わせ、
9/3の開催となりました。ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

観察会でお約束したとおり、夕方に改めてマングローブ伐採区でに集まったシギ・チドリ類をカウントしました。
結果は以下のとおり。

ムナグロ 26羽
チュウシャクシギ 13羽
オグロシギ 1羽
トウネン 2羽
ソリハシシギ 15羽
イソシギ 8羽
キアシシギ 43羽
アオアシシギ 2羽
コアオアシシギ 3羽
アカアシシギ 55羽




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1/28 表彰式を行いました! [イベント]

ご報告が遅くなってしまいましたが、
去った1月24日(日)に、「漫湖みんなでミュージアム2015」の表彰式を行いました。

DSCN2197.JPG

当日は「沖縄に雪が降るかも!?」と、ニュースになるくらい冷えた日となりましたが、
たくさんの方々が集まってくれました。
(※ホントに本島に、みぞれが確認されたみたいですね~、いや~寒かった、寒かった)

DSCN2206.JPG
会場に入りきれないほどの人数が参加しました

この日は、お忙しい中、豊見城市長をはじめ役員の皆様もお越し頂き、
いつものセンターとはちょっと違った厳かな?雰囲気の中、式が執り行われました。

表彰式に招待されたのは、各部門の金賞と銀賞に輝いた子どもたち。
当日は、少し緊張した様子でしたが、賞状をもらった時の嬉しそうなこどもたちの笑顔が
見ている大人たちの心まで暖かくしてくれました。

DSCN2233.JPG
作品の前で、それぞれ賞状を受け取るこどもたち

式の後半は、各部門の審査委員による講評です。
審査委員の皆さんが、どのように賞を選んだのか直接話を伺える貴重な時間です。

DSCN2258.JPG
写真部門の講評をしているところ

「漫湖みんなでミュージアム」は、漫湖の自然に触れ親しむ機会と、そこで感じた思いや新たな発見を、自由に表現、そして鑑賞する機会を通して、子どもたちの感性や豊かな心を育みたいと思っています。

そして大人になっても、その純粋な気持ちと自然や生きもの他者をいたわり思いやる心を持ち続けて欲しいと願っています。

DSCN2268.JPG
最後にみんなで記念撮影!!

[お知らせ]
2月15日(月)~26日(金)の期間中は、豊見城市役所1Fロビーにて受賞作品を展示します!
まだご覧になっていない方、チョット興味のあるという方は、ぜひ会場までお越しください!





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

12/19 楽しい野鳥観察会でした! [イベント]

12月19日(日)、年内最後の野鳥観察会を実施しました。

昨日に引き続き、とても気持ちの良いお天気の中でスタート。

今回、講師をお願いしたのは、沖縄野鳥の会の山城正邦さんです。

DSCN1969-001.JPG
長年、漫湖の鳥類調査に携わりながら、観察会の講師も引き受けて頂いております。

センターで発信している鳥情報などでも、毎回大変お世話になっております。

観察会のはじまりは、木道を歩きながら双眼鏡の使い方などをレクチャーして、
近くで見られる鳥でその使い方をみんなで練習しました。

DSCN1971-001.JPG
見た鳥を写真を使って解説する山城さん。

今回の参加者のみなさんは、鳥を発見するのがとても早く、
観察するポイントもしっかりおさえていたので、とてもスムーズに観察できました。

DSCN1972-001.JPG
泥に長い嘴を突っ込んでエサをとるダイシャクシギ

驚いた事に、大人だけでなく、参加したこどもたちも鳥の名前をちゃんと知っていて、

「あっ、チュウシャクシギだ!」とか「ミサゴ発見!」とか
すぐに自分が見た鳥を名前で呼んでいたました。

DSCN1983-001.JPG
タチウオ?を捕まえて飛ぶミサゴ(あんまり良い写真ではないですが、雰囲気だけでもと…)

その子どもたちの様子を話しながら、
講師の山城さんも「時代が変わったなぁ」と少し嬉しそうでした。

昨日、センターでも初確認できたクロツラヘラサギもちゃんと見られて、
大人も子どももみんな大興奮!!

DSCN1988-001.JPG
今日は、クロツラヘラサギ3羽とヘラサギ1羽(中央)を観察できました

「漫湖では当たり前のクロツラヘラサギですが、こんなに近くで観察できる場所は、
日本ではあんまり無いんですよ。」

などなど、クロツラヘラサギについて解説を交えながら、じっくり観察することができました。

最後は、センターに戻ってきて、みんなで「鳥合わせ」をして終わりましたが、
今日は、2時間という時間があっという間に感じるくらい、とても楽しい観察会となりました。

DSCN1991-001.JPG
鳥合わせの時も、こどもたちはどんどん鳥の名前を挙げていって、本当にびっくりしました。

〇今日観察できた鳥:

ダイサギ、コサギ、アオサギ、ヘラサギ、クロツラヘラサギ、ムナグロ、ダイゼン、アカアシシギ、アオサギ、イソシギ、チュウシャクシギ、ダイシャクシギ、セイタカシギ、ミサゴ、ハクセキレイ、シロハラ、ウグイス、メジロ、バリケン(※外来種)

以上、全部で19種類の野鳥を観察できました。


次回は、年明けの新春野鳥観察会です。
興味のある方は、ぜひそちらもチェックしてみてください!!

○新春野鳥観察会
「ムーチービーサーで、ちゅううがなびら」

・日 時:2016年1月9日(土)10:00~12:30
・定 員:20名
・参加費:\100(※保険料として)
・対 象:小学生?一般(※小学生は保護者同伴)
・持ち物:防寒具、飲み物、筆記用具、エプロン、頭巾、手拭き、雨がっぱ(※双眼鏡、図鑑は貸出有り)
・内 容:一年の健康祈願を願うムーチーづくりと、新春を祝った野鳥観察を行います。自分で作ったムーチーを蒸してる間、野鳥観察を楽しんで、外で冷えた体は出来立ての熱々ムーチーで温めます。

[お問い合わせ・お申込み] 漫湖水鳥・湿地センター [電話]098-840-5121















コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - イベント ブログトップ