So-net無料ブログ作成

1/22 こどもエコクラブ [日々の様子]

1月のこどもエコクラブでは、水鳥観察とごみの調査を行いました。

1)調査実施概要                                       12月15日から1月14日までの1か月間、満潮時に木道周辺に漂着するゴミを網にて回収する。回収は主にサポーターが行い、放課後や休日に来館したエコクラブ会員やボランティア児童も回収する。                                         

2)調査結果記録方法                                      こどもエコクラブの活動日(1/22)に漂着ゴミを燃やすゴミと燃やさないゴミに分別し、それぞれにサイズや個数を調べ記録する。 

3)調査結果(表1) 

IMG_0639.JPG 

4)気づいたこと ○金属容器が8こあることがわかった。(Fさん)○ごみは、ボールやペットボトルなどが捨てられていることがわかった。ごみは、ほとんどが人工で作られていて、約15.5㎏すてられていることがわかった。だから海や湖、川や湿地などにごみを捨てないことがかんきょうを少し守れることがわかった。(Sさん)○鳥 コサギ5羽、ミサゴ2、アオサギ3、ダイサギ1、チュウサギ1 ごみは全部人工物で水にうくものが多い。15.5㎏(Yさん)○海から流されてきたごみには、ジュースなどのペットボトル類、空きびん類、発泡スチロールの破片などがあった。水鳥は、アオサギが3羽、サシバが1羽、チュウサギやダイサギが2、3羽いた。(Tさん)○まんこには、流れついたゴミやその中に土がいっぱいはいっている。ミサゴ、コサギ、チドリを木道で遠くから見た。(Kさん)○ペットボトルのⅯが多かった。ゴミは、どこからながれてくるのか?15.5㎏のゴミがあった。その他が多い。鳥の分類はむずかしかった。(Ⅿさん)  
コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

2/9 センター敷地内にアフリカのチューリップが? [生きもの]

 センター西側には、県外からのお客様の関心をひく豪華な花が咲いています。名前はカエンボク(ノウゼンカズラ科)です。チューリップを大きくしたような?黄色い花で、英名はアフリカン・チューリップツリー(African tulip tree)ともいうそうです。県内では、どちらかというと炎のような真っ赤な赤い花のカエンボクを多く見かけます。
 これからしばらく黄色い豪華なカエンボクの花が楽しめます。
カエンボク 花②.jpg

カエンボク 花芽②.jpg
 花芽
カエンボク 葉②.jpg
 葉(奇数羽状複葉)


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感