So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Welcome Shorebirds 開催 その後 クロツラヘラサギ [生きもの]

本日、Welcome shorebirds と題した探鳥会を開催しました。
センターの観察会としては今季初認となるダイシャクシギなど、計20種の鳥を観察することができました。

DSCN1113.jpg

そして探鳥会が終わり、13時を過ぎた頃なんとクロツラヘラサギが現れました。
探鳥会の時もっと下流まで観察に行っていれば… 雨を心配し過ぎました。
次はぜひ一緒にクロツラヘラサギを見ましょう!

素早く嘴を左右に振りながら忙しく餌を捕っていました。

DSCN1197.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/28 「漫湖水族館」も残すところあと3日!! [お知らせ]

秋の特別企画展「漫湖水族館」を、皆さんはもうご覧になりましたか?

早いもので、今週の日曜日で展示が終了となります。

IMG_0739.JPG

今回も40種近くの魚が採れましたが、
今回、お手伝いをお願いした琉大の学生さんがとても丁寧に魚の体調を管理してくれたおかげで、
お魚たちもみんな元気です。

最終日30日(日)10:00~11:00には、「ギャラリートーク」も開催します。
普段聞けない特別で面白い話が満載です!!

どなたでもご参加いただける内容となっておりますので、ぜひお立ち寄りください。


IMG_0714.JPG
大人気のタツノオトシゴもお待ちしておりま~す






コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/26 11月の野鳥観察会のお知らせ [お知らせ]

今年の沖縄の真夏日は過去最多だそうです…。

10月も終わるというのに、団体を木道に案内すると
そりゃ汗だくになりますね…。

そんな暑い日が続いている沖縄ですが、
今日は11月の野鳥観察会について、一足早く皆さんにお知らせします!!

○11月の野鳥観察会

「定例探鳥会」
日 時:11月6日(日)10:00~12:00
場 所:漫湖水鳥・湿地センター

※今回の定例探鳥会は大人のみの対象となります。

「welcome shorebirds!!」
日 時:11月23日(水・祝) 10:00~12:00
場 所:漫湖水鳥・湿地センター
定 員:20名
参加費:¥100
対 象:小学生以上

参加してみたいという方は、ぜひセンターまでお問い合わせください。
皆様のご参加お持ちしております!!

DSCN1066.JPG
メヒルギにとまるカワセミ

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/20 ハクセキレイも渡ってきています!! [日々の様子]

今日は雨の予報でしたが、朝にちょこっと降っただけで、
そのあとは一日太陽が顔を出してます。

週間予報では、これから週末にかけて雨マークが並んでいますが、
今週末の野鳥観察会も、今日みたいに晴れるといいなぁ~。

そんな事を考えつつも、センター前の芝生に現れたハクセキレイの姿に癒されてます。

IMG_0565-001.JPG
長い尾羽と白と黒のコントラストが特徴的

今年のハクセキレイの初認は10月14日(金)でした。(※去年より少し遅いかな)

ちょうどその日も雨の中、天気を気にしながら
水族館で使う海水汲みをしていた時だったのでとても印象に残っています。

その時は1羽だけの確認でしたが、今日は3羽で行動していました。

IMG_0585-001.JPG
3羽のうち1羽は若い子のようです

普段ハクセキレイを見かける時は、2羽で行動していることが多い気がするのですが、
今日はいつもと様子が違いました。

ハッキリとは分かりませんが、よ~く観察していると、
3羽のうち、2羽のハクセキレイが、争うように互いに「チィーチィー」と鳴きながら、
けん制するように飛び合っていました。

IMG_0577-001.JPG
じゃれ合い?威嚇?どっちだろう…

そんな中、偶然撮れた一枚。

IMG_0595-002.JPG
ハクセキレイの垂直ジャンプ!!(※ってのは冗談です)

たまたま、飛んできた2羽が翼を畳むタイミングが揃ったことで、オモシロイ写真が撮れました。

こんな写真が撮れるのには、ハクセキレイの飛び方に理由があるのですが、
すごく簡単に説明すると…

セキレイの仲間は、飛ぶ時のエネルギーを節約するために、
羽ばたいて勢いをつけた後、翼を畳んでいったん休むを繰り返しています。

この飛び方を「跳躍飛行」と言いますが、ヒヨドリの仲間なども同じように飛びます。

ただ、この写真は違う意味で”跳ねた”ようにみえるのがツボにハマりました(笑)

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/19 10月の目玉企画、「写真展」と「水族館」。 [イベント]

10月も半分が過ぎました。
それでも、まだまだ暑い日が続いていますね…。

しかも昨日は、クマゼミが木道で鳴いていてビックリしました!!
(セミの鳴き声を聞くだけで、体感温度が若干上がりました…。)

さてさて、

実は、あまり大々的に告知はしていませんでしたが、
今、センターでは2つの企画展が好評開催中です!!

今日はその企画展の様子を紹介しますね。

まず、先週からスタートしているのは、
「写真展 いち+いちの世界 ~こどもフォトグラファーが撮った生物たち~」。

IMG_0529.JPG

この写真展は、「漫湖みんなでミュージアム」への応募がきっかけで
写真を撮りはじめた二人の少年の写真展です。

IMG_0531.JPG

「少年」といっても、展示された写真を眺めていると、大人顔負けの面白い視点の写真ばかりで、
子どもたちの純粋で素直な眼差しを追体験できるような気がしてきます。

IMG_0525.JPG

写真展を鑑賞した後に木道を歩くと、いつもと違う視点で生き物観察できるかもしれませんね。

「漫湖みんなでミュージアム」への応募作品もまだまだ募集中なので、
ぜひ参考にしてみてください!!


次に紹介するのは、
毎年恒例の「漫湖水族館」です。

いつもは9月に開催している水族館ですが、今回は台風の影響で10月の開催となりました。

いつも顔をそろえているお馴染みのハゼの仲間から、海の魚や大きなノコギリガザミまで、
今回も水の中の生きものたちをたくさん展示しています!(※中には今回初めて採れた魚も!!)

IMG_0465.JPG
泥の中に住んでいるのに、体の表面がキラキラ輝いているキララハゼ

IMG_0518.JPG
海のお魚ニセクロホシフエダイ、方言名は「ビタロー」

IMG_0483.JPG
今回初登場のタツノオトシゴ(クロウミウマ)!!

まさか、私も漫湖でタツノオトシゴが見られるとは思っていませんでした!!
まだまだ小さい子どものタツノオトシゴですが、その姿を観察していると
川と海がつながっていることが実感できます!!

10月30日(日)10:00~11:00は、関連イベントとして展示しているお魚たちを魚の博士が解説する「ギャラリートーク」も開催します!!

両企画展とも10月いっぱいの開催となっておりますので、まだご覧になられていない方はぜひセンターまで足をお運びください!





コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9/25 ソリハシセイタカシギ初認!! [日々の様子]

今日も、午前中の上げ潮時間に合わせて、
木道からシギチを観察しようと出かけたら…

なんと、ソリハシセイタカシギが1羽、羽を休めているのを発見しました!!

IMG_0325.JPG

私の記憶だとセンターの過去の記録を見返してみても、
漫湖でソリハシセイタカシギの記録があるのは、12月と1月だけです。

なので、9月に記録されるというのは稀ではないでしょうか?

IMG_0340.JPG

頭の色がまっ黒というより、少し灰色がかっているように見えます。幼鳥かな?

しばらくすると、上方に剃った細い嘴を干潟の表面をさらうように左右に振りながら
エサを探し求めて動きはじめました。

IMG_0343.JPG

去年は漫湖で見られなかったので、
その分、今回は少しでも長く滞在してくれるといいなぁ…


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9/21 木道で見つけて楽しむ

頬にあたる風が心地よくなり、季節の変わり目を感じる今日この頃。
木道での生き物観察も、暑い日差しを気にせずゆっくり楽しめるようになりました。

夏休みから続いていた慌ただしさも、ようやくひと段落したこともあり、
久しぶりにカメラ片手に、ブログネタを探して木道を歩いてみました。

まず、最初の曲がり角で見つけたのはイボタクサギの花。
木道周辺では、5月下旬頃から花が咲きはじめますが、今もまだ咲いてます。

IMG_0136-001.JPG
白い花と長く伸びた紫色のおしべとめしべが印象的です

普段は花ばかりに目を向けていましたが、今日はじめて種を見つけました。

IMG_0132-001.JPG
花の大きさに対しては思った以上に大ぶりで丸い種でした

あまり意識したことありませんでしたが、この時期に種をつけてるんですね、
いや~新しい発見です。

しばらく進むと、シオマネキがたくさん観察できるゾーンへ到着。
いつも子どもたちが一生懸命カニを観察しているところですね。

そこで立ち止まって観察していると、シオマネキに交じって小さいカニが…

IMG_0157-001.JPG
皆さん分かりますか~?

左下の巣穴の横に、ハサミの白い一際小さいカニが見えます。ツノメチゴガニです。

甲羅の大きさは7~9mm程度なので、じっくり探さないと見つけられませんが、
干潟をしばらく眺めていると、ツノメチゴガニが振り上げた小さな白いハサミが、
まるでカメラのフラッシュのように、チカッ、チカッと瞬いているのが見えてきます。

名前に「ツノメ(角目)」とあるように、目の先に角状の突起があるのが特徴です。

IMG_0152-001.JPG
写真のピントが甘いですが、目の先のツノが分かるかな~?

木道でカニの観察に慣れてきたら、
ツノメチゴガニのような目立たないカニに注目するのもオススメです。

続いて、カニネタをもう一個

ノコギリガザミがドロアワモチを捕食するシーンです。

IMG_0197-001.JPG
両方のハサミでドロアワモチをしっかり挟んでいます

干潮時に干潟の上をノコギリガザミが歩いていることはほとんど無いのですが、
今日は珍しく変な動きをして歩いているなぁと思って見ていました。

そしたら案の定、
その変な動きは、ドロアワモチを捕まえようとしてにじり寄っているところでした。

動きも遅く、なんの防御策も持たないドロアワモチにとっては、
ノコギリガザミに狙われた時点で成す術がありません…。

ノコギリガザミの捕食シーンはなかなか見られないので、
こういう場面に出くわすと、すごく得した気分になります。

最後は、干潟の人気者トントンミーです。

トントンミーが巣穴から顔を出すのは定番のポーズですが、
少し角度を変えて見てみたら、いつもとは全く違う表情が見られたので撮りました。

IMG_0182-001.JPG
ほぼ垂直に空いた巣穴に対して、自分の体を支えるために胸ビレを使っています

巣穴から顔を出すトントンミーをいつも可愛く眺めていましたが、
見えないところで一生懸命頑張っていたんですね。

腹ビレを上手に使って体を支えているのは知っていましたが、
胸ビレをこんな風に使っているとはビックリです。

リオオリンピック、体操競技の余韻が残っていたのか、
私には、胸ビレを左右にピンと伸ばすトントンミーの姿が、
吊り輪の力技「十字懸垂」をしている体操選手の姿と重なりました。

こんな風に、自分なりの「観察のポイント」や「面白いツボ」を見つけて
木道をゆっくり歩いてみるのも楽しいものです。








コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シギ・チドリ類の観察会を開催しました [イベント]

先週土曜日にシギ・チドリ類の観察会を開催しました。
今回はGlobal Shorebirds Counting (https://worldshorebirdsday.wordpress.com/)に時期を合わせ、
9/3の開催となりました。ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

観察会でお約束したとおり、夕方に改めてマングローブ伐採区でに集まったシギ・チドリ類をカウントしました。
結果は以下のとおり。

ムナグロ 26羽
チュウシャクシギ 13羽
オグロシギ 1羽
トウネン 2羽
ソリハシシギ 15羽
イソシギ 8羽
キアシシギ 43羽
アオアシシギ 2羽
コアオアシシギ 3羽
アカアシシギ 55羽




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016 8/27-28. シギ・チドリ類 [生きもの]

キアシシギたち。これぞ幼鳥!という個体はまだ見つけていません。
DSCN9642.jpg

ソリハシシギ(左)とキアシシギ(右)。ソリハシシギの嘴、そってます。
DSCN9721_.jpg

ソリハシシギ(左)とトウネン(右)。トウネンは成鳥冬羽への換羽が進んでます。
DSCN9608.jpg

コアオアシシギ。すっかり冬羽のようです。
DSCN9620.jpg

アカアシシギの成鳥。第一回冬羽への換羽中でしょうか
DSCN9706.jpg

サルハマシギの幼鳥。きれいな幼鳥羽です。素晴らしい
20160828.jpg

チュウシャクシギ。嘴にいっぱい泥をつけています。
DSCN9698.jpg

イソシギ。7月上旬頃から姿を見ませんでしたが、ここ一週間ほど数が増えてきました。
DSCN9718.jpg

ムナグロ。 フン
DSCN9728.jpg



コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

水鳥センターのマークを描いてみました [日々の様子]

近所の子たちが水鳥センターのマークを描いてくれました。
※ヘラシギはいません

目がセクシィーな女の子

るみs.jpg

いろんないきものがいる
あみs.jpg

9月6日から「漫湖みんなでミュージアム」の作品募集が始まります。
このような子どもたちの書いた素敵な作品をお待ちしています!


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -