So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

水鳥センターのマークを描いてみました [日々の様子]

近所の子たちが水鳥センターのマークを描いてくれました。
※ヘラシギはいません

目がセクシィーな女の子

るみs.jpg

いろんないきものがいる
あみs.jpg

9月6日から「漫湖みんなでミュージアム」の作品募集が始まります。
このような子どもたちの書いた素敵な作品をお待ちしています!


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日のシギ・チドリ類 [生きもの]

カメラの調子が悪く、残念ながら写真がありません。

2016年8月11日16:50-17:20
ムナグロ(15)
コチドリ(3)
シロチドリ(3)
チュウシャクシギ(12)
アカアシシギ(30)
アオアシシギ(4)
キアシシギ(27)
ソリハシシギ(16)
イソシギ(6)
キョウジョシギ(1)
トウネン(4)

※とよみ大橋からのカウントです。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の水鳥観察のすすめ [生きもの]

久しぶりのブログ更新です。

今週に入り、少しずつ漫湖に飛来する水鳥の仲間、シギ・チドリ類の数が増えてきました。

木道の近くではキアシシギが盛んに餌を捕っていました。
食べられたのはヒメヤマトオサガニでしょうか?

DSCN9622.jpg

干潮になると広い干潟が現れ、ほとんどの水鳥が遠くに散らばってしまうため、その姿を見つけるのは簡単ではありません。

しかし、満潮の前後、ほんのわずかな時間ですが、小さく干出した干潟に鳥たちが集まることがあります。

DSCN9653.jpg

潮汐表をみながら、こんなタイミングを狙うのも水鳥の観察を楽しむ方法のひとつです。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

沖縄で夏を過ごす『旅鳥』たち [生きもの]

一昨日、キアシシギが7羽飛来しました。他にはチュウシャクシギ12羽とムナグロ2羽。

DSCN3064_1s.jpg

図鑑を手に取ると、キアシシギは『旅鳥』と説明されています。
『旅鳥』とは、日本列島より北の地域で繁殖し、日本列島より南の地域で冬を過ごす、渡り鳥のことです。

キアシシギはシベリア北東部で繁殖し、東南アジアからオセアニア(オーストラリア含む)で冬を過ごす旅鳥です。

シベリアに短い夏が訪れる今の時期、この地で繁殖する旅鳥たちは子育てに大忙しなはずです。

そのはずなんですが...。どうしてこの時期に沖縄にいるのでしょう?
だるいし、めんどうだから渡りをしないことにした、のでしょうか。

渡り鳥が越冬地などで夏を過ごすことを『越夏:えっか』と呼びます。
※今回のキアシシギが漫湖で越夏するかどうかわかりませんが。

渡り鳥が越夏する理由の一つに、繁殖に関わる器官が未発達であることが挙げられます。
キアシシギが繁殖をはじめるのは3歳くらいではないかと考えられています。
そのため、1-2歳の若い個体は渡りをせず、越冬地やその周辺で夏を過ごすそうです。

こうした繁殖可能な年齢、行動の季節性は種の生活史の一部であり、長い時間の中で進化してきたものです。

だるいし、めんどうだから渡りをしないことにした鳥、ではないようです。

DSCN3068_1s.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コアジサシ幼鳥 [生きもの]

とよみ大橋から干潟を見ていたら、コアジサシの幼鳥が目に留まりました。

DSCN3074_2s.jpg

しかし、漫湖の周囲ではコアジサシが繁殖するような裸地や砂浜は見当たりません。

どこから飛んできたのでしょうか?
それとも、どこか近くで繁殖していたのでしょうか?

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どこからきたんだろ? [生きもの]

少し前、6月14日のことです。
マングースに追いかけられて藪の中から鳥が飛び出してきました。

20160614_キンケイ1s.jpg

なんだこの鳥?
でも、どっかで見たことあるような。

20160614_キンケイ2s.jpg

どうやら、この鳥はキンケイのメスのようです。

飼鳥としていろいろな所で飼育されているそうです。
はたして、この鳥はどこから来たのでしょうか?





コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いよいよ明日は!チュラカーギ [お知らせ]

皆様のご参加をお待ちしています!

豊見城市 漫湖チュラカーギ作戦32(漫湖清掃)参加者募集!
http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/living/76/2960

那覇市 「漫湖チュラカーギ作戦32」の開催について
http://www.city.naha.okinawa.jp/kakuka/kakyouhozen/osirase/tyurakagi32.html

IMG_3998s2.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6/8 ボランティアメンバーと木道のゴミ拾い [ボランティア]

少し報告が遅れてしまいましたが、

5月29日(日)に、漫湖水鳥・湿地センターのボランティアメンバーで、
木道のゴミ拾いを行いました。

IMG_4127-001.JPG
これからの時期、木道はかなり暑くなるので、完全防備で作業します

ボランティアメンバーによる木道のゴミ拾いは、昨年から続けている活動の一つで、
普段、取りたくても取れない木道沿いのゴミを色々な道具を駆使して回収していきます。

IMG_4131-001.JPG
ナゼに電卓が落ちているのか!?

高枝切狭を改良したり、ゴミを入れるカゴをキャリーにしたり、
効率よく、しかも安全に、木道のゴミ拾いが出来るように色々と試行錯誤中です。

IMG_4134-001.JPG
たった30分で、これだけのゴミが…

まだまだ人数が少ないので、一度に大量のゴミを拾うことは無理ですが、
それでも、限られた時間の中で、できるだけ継続的にゴミ拾いを行い、
漫湖のゴミ問題について、たくさんの人に知ってもらいたいとみんなで考えています。
木道のゴミ拾いで、何か良いアイディアお持ちの方、ぜひご連絡下さい!!

さて、漫湖のゴミ拾いに関連したお知らせです。

来週の18日(土)は、チュラカーギ作戦32が開催されます。
チュラカーギ作戦は、年に一度の漫湖の大掃除の日。
毎回、数百名の参加者で約1000㎏ものゴミが回収されます。

当日参加申し込みで、どなたでも参加できます!!(※観察会なども予定しています。)
たくさんのご参加お待ちしております!!

詳しい内容は、イベント情報をご覧ください。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

S80がやってきた [生きもの]

本日午前中、これまで豊崎干潟や三角池で観察されていたS80が漫湖に飛来しました。

IMG_0086s.jpg

2014年に韓国のチルソンド(Chilsando)で生まれたクロツラヘラサギです。

この個体、背中にオレンジ色をした衛星発信機のケースが付いています。
肝心な発信機はどこかで落ちてしまったようです。

DSCN3019s.jpg




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

越夏するの?クロツラヘラサギ [生きもの]

皆さまにご心配をおかけしたクロツラヘラサギは無事に旅立ったようです!
翌日には元気に餌を採る姿が観察されました。

今日はヘラサギ1羽とクロツラ4羽、その中の一つが [2016年5月20日]
http://manko-mizudori.blog.so-net.ne.jp/2016-05-20-1

5/31夕方、ヘラサギ1羽とクロツラヘラサギ2羽が伐採区にいました。
越夏するのかな?

IMG_0084のコピー3.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -