So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

12/28 年末年始に漫湖で鳥を観察する予定の皆様へ [お知らせ]

漫湖水鳥・湿地センターは本日(12/28)が2017年の開館最終日となります。
ご来館頂いた皆様、誠にありがとうございました。
2018年は1月4日9時より通常どおり開館しております。

さて、年末年始に漫湖で鳥の観察を予定されている方もみえるかと思います。
「センターが閉まっていて鳥情報が得られない!」
とガッカリさせてしまわぬよう、簡単ではありますが鳥見情報をお伝えします。

・ナンヨウショウビン
12/28朝にも漫湖で観察されています。センターが閉館しているため木道からナンヨウショウビンを探すことはできませんが、とよみ大橋から観察できる可能性があります。とよみ大橋(西側寄り)からセンターを望み、マングローブを伐採したエリアでの観察例が多いです。

・ムクドリ類
とよみ大橋北側(センターと反対側)のマングローブのパッチをねぐらとして利用しています。高い塔が立つとよみ大橋の中央付近から見下ろすような位置です。早朝と夕方にねぐらから飛立つ姿、ねぐらへ帰ってくる姿が観察されています。

・クロツラヘラサギ
漫湖でも観察される可能性はありますが、最近は三角池・豊崎干潟でよく観察されているようです。

それでは、良いお年を!

DSCN2530.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

12/26 サシバ [生きもの]

ナンヨウショウビンは今朝も姿を現しました!

さて、今回はサシバのお話しです。
先日センターからほど近い公園でサシバが保護されました。

DSCN8465_2.jpg

サシバは本州・四国・九州の里山で子育てをする鳥として知られています。
一方沖縄では冬になるとやってくる「冬鳥」です。
冬の時期は沖縄本島の各地でその姿を目にします。
(もちろん宮古島などの離島でも)
「ピッ・クィー!」という大きな声を公園などで聞いたことはありませんか?

DSCN8467_2.jpg

このサシバは動物病院へ搬送され、無事に野外へ放鳥されました。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

12/10 ナンヨウショウビン情報⑥ [生きもの]

12月6日以来影をひそめていたナンヨウショウビンが、本日やっと現れました。たまたまバードカービング体験教室もあり、日曜日でもあったので多くの来館者も見ることができました。
たまたま見ることのできたラッキーな方!
ねらってねらって何時間もねばっても見られない方!いろいろですね。
ナンヨウショウビン(本田さん撮影).jpg
クロツラ掲示板 DSCN8177.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11/17 ソリハシセイタカシギ情報 [生きもの]

当センター近くの三角池でソリハシセイタカシギがでました。11/16 1羽。11/17 2羽加わり3羽となったとの情報が入りました。
頭頂や羽の先端の黒色と全体の白色のコントラストが何とも言えないです。
ソリハシセイタカシギ①DSCN7659.jpg
ソリハシセイタカシギ② DSCN7666.jpg
本日、漫湖に5羽の新入りと思われるクロツラヘラサギが入りました。
三角池や漫湖の鳥に関する情報について、当センターにお立ち寄りくださればご提供いたします。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11/14 ナンヨウショウビン情報⑤ [生きもの]

 ひやみかち那覇ウォーク(那覇市:ウォーキング大会11/12)では、漫湖水鳥・湿地センターがウォーキングコースの一部となり、多くの人が木道をウォーキングしながら生き物との触れ合いを楽しみました。そんな中ナンヨウショウビンもひょこり姿を現しました。
 1112ナンヨウショウビンDSCN7488.jpg
 11月14日には、めずらしくモニタリングフィールドの棒の上にとまっていました。カニをねらっているようでした。
 1114ナンヨウショウビンDSCN7521.jpg
コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

11/10 ナンヨウショウビン情報④ [生きもの]

今朝(11/10)もナンヨウショウビンが出ました。以下は今月のナンヨウショウビン・クロツラ掲示板です。この調子で漫湖湿地でクロツラヘラサギと一緒に年を越すかも?
10月11月のナンヨウショウ情報.jpg
ナンヨウショウビン1015.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

漫湖のマングローブ3種 [生きもの]

 台風22号が過ぎだいぶ涼しくなってきました。
 台風にも耐えた最近のマングローブの様子を写真で紹介します。

 【メヒルギ】漫湖湿地で最も多い種です。木道の周りではこのように多くの果実が見られます。ちょっぴり幼根を出したものもあります。
メヒルギ20101025.jpg

 【ヤエヤマヒルギ】漫湖湿地で2番目に多い種です。マングローブ林のへりの方に多く見られます。花芽を持ち始めました。
ヤエヤマヒルギ20171025.jpg

 【オヒルギ】塩分がきらいなのかマングローブ林内奥の方で見られます。3種の中で一番樹高が高くなります。赤いがくが目立ちます。
オヒルギ20171025.jpg

 【バナナ】大雨の時に上流から流れてきたバナナが木道入口で実をつけました。今年は3房収穫し来館者へも提供しました。
バナナ20171025.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/18 コムクドリの群れ&ハマガニもデザート [日々の様子]

沖縄も朝晩はだいぶ涼しくなり、過ごしやすくなりました。
そういえば、日が沈むのも早くなりましたね。

先週、今秋初飛来のクロツラヘラサギが漫湖で3羽確認されたばかり。
情報によると、どうやら今年南部で越夏した5羽と豊崎で合流したもようです。

さて、昨日の夕方の話。

いつも通り、センターの閉館作業を行っていると、
窓の外にムクドリの群れがいつもの電線に止まっているのを発見!!

IMG_7411.JPG

この電線、本当によくムクドリが止まります
鳴き声の感じだと、どうやらコムクドリもいるっぽいので早速外へ。

IMG_7410.JPG
数えてみると、全部で123羽!と、結構いました。しかも、みんなコムクドリ!!

いやぁ、秋ですね~。
渡り鳥たちの移動も本格化し、これからますますバードウォッチングが楽しい季節になりますね。

IMG_7467.jpg

IMG_7469.jpg

ついでに、もう一ネタ。

電線にコムクドリが集まっていたちょうどその頃、
木道ではハマガニがおいしそうにクワの実を食べていました。

IMG_7420.JPG
クワの実も食べるんですね~、はじめてみました。

食欲の秋、ハマガニもデザートの時間を楽しんでいるようでした。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/13 クロツラヘラサギの羽繕い

夕方、クロツラヘラサギがおもしろい行動を見せてくれました。

DSCN2747s.jpg

2羽のクロツラヘラサギが、お互いの頭や首の羽をくちばしでつつきあっていました。
相互羽繕い(そうごはづくろい)と呼ばれることもありますが、はたしてこの行動にはどんな意味・役割があるのでしょうか。

ところで、E24(右側の鳥)は押され気味です。

DSCN2756s.jpg



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/12 クロツラヘラサギ [生きもの]

今朝、木道から見渡すことのできるモニタリングフィールドに見慣れないクロツラヘラサギの成鳥3羽がいました。

IMG_7373.jpg

この夏、沖縄本島南部では5羽のクロツラヘラサギが越夏しました(若鳥4羽、成鳥1羽:E24)。
3羽のクロツラヘラサギはいずれも成鳥で、足環を付けていませんので、どこか他所の地域から飛んできたようです。

IMG_7377.jpg

IMG_7380.jpg

IMG_7382.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -